2010年02月09日

小沢氏、訪米も大名行列?5月の大型連休中に(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長が5月の大型連休中に訪米を検討していることが5日、明らかになった。2日に国会内で小沢氏と会談したカート・キャンベル米国務次官補が要請した。

 キャンベル氏はワシントン郊外の空港で4日、記者団に「幅広いグループの民主党議員に来てもらいたい」と期待感を表明した。民主党幹部によると、小沢氏はキャンベル氏に訪米に前向きの考えを伝えたという。

 「親中派」とされる小沢氏は昨年12月、民主党国会議員約140人を率いて訪中した経緯がある。米軍普天間飛行場の移設問題などで日米関係がぎくしゃくする中、米側と小沢氏の対話の行方が注目される。

ハイチ大地震 陸自隊員34人が首都に到着 PKO1次隊(毎日新聞)
【中医協】先発品より高い後発品は16品目―厚労省が公表(医療介護CBニュース)
<弁護士懲戒処分>銃口向けた写真で「脅迫状」(毎日新聞)
別3事件の被害品所持=国内20〜30件関与か−香港で起訴の男ら・警察当局(時事通信)
<春闘>主力組合が要求提出 3月中旬の回答日目指す(毎日新聞)
posted by フクズミ カズユキ at 10:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定失踪者の中に拉致被害者の可能性 中井担当相が参院決算委員会で言及(産経新聞)

 中井洽拉致問題担当相は4日午前の参院決算委員会で、北朝鮮による拉致事件に関し、拉致された可能性が高いとされる「特定失踪(しつそう)者」について「(失踪者の中に)間違いなく北朝鮮で拉致されて生きているんじゃないかと思われる方もないわけではない。(政府による拉致との)認定や追跡調査をどうするか、がんばっている」と述べた。

 政府は現在、拉致被害者として17人を認定。このうち5人は帰国した。政府は拉致認定に際し「北朝鮮の国家意思が推認できる」などの3要件を示しており、これを満たさない行方不明者が特定失踪者とされている。中井氏は3要件の見直しに前向きな考えを示していた。

 ただ、中井氏はその後、新たな拉致認定の可能性に言及した自身の答弁について「少し踏み込みすぎた」とも述べた。民主党の白眞勲氏の質問に答えた。

【関連記事】
日本人拉致問題進展へ連携確認 岡田外相と国連特別報告者
橋下知事、対北強硬姿勢を訴え 大阪で拉致問題集会
北朝鮮人権問題を担当する米特使が日韓歴訪へ
拉致問題 民主、北と極秘接触 「生存者」示唆
「拉致家族に慰労と勇気を」 金賢姫元工作員が新年に手紙

<弁護士懲戒処分>銃口向けた写真で「脅迫状」(毎日新聞)
<障害者基本法>抜本改正で推進会議一致 差別禁止法制定も(毎日新聞)
<節分>福豆に1万5000人 大阪・成田山不動尊(毎日新聞)
本棚倒れた重体事故、再現実験で原因探る(読売新聞)
<飲酒運転>懲戒の警察職員が倍増20人(毎日新聞)
posted by フクズミ カズユキ at 02:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。