2010年06月03日

闘牛 口蹄疫の影響で「牛の角突き」中止 新潟・小千谷(毎日新聞)

 宮崎県で家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)問題が深刻化しているのを受け、新潟県小千谷(おぢや)市で国の重要無形民俗文化財「牛の角突き(闘牛)」を主催する小千谷闘牛振興協議会は27日、6月6日の開催を中止すると発表した。中止は04年10月に発生した中越地震の時以来。

 協議会は闘牛53頭を飼育。今年は5月3日に開幕し、11月まで月1回開催予定だった。闘牛場には全国から観光客が訪れ、ウイルスが持ち込まれる恐れがあるほか、闘牛が感染すると周辺の畜産農家にも被害が及ぶことを考慮したといい、7月以降の開催は未定。

 一方、隣接する長岡市山古志地区の山古志闘牛会は、今月30日の牛の角突きを予定通り開催する。27日は闘牛場に石灰をまき、観客席を消毒。収益の一部を宮崎県の畜産農家に寄付する方針で、松井治二会長は「われわれも中越地震で多くの牛を失い、宮崎の人の気持ちは痛いほど分かる。少しでも応援できれば」と話した。【岡村昌彦、岡田英】

【関連ニュース】
口蹄疫:農家への補償始まる 「概算払い」で
口蹄疫:ワクチン接種99.5%終了
口蹄疫:畜産農家の国民年金保険料を免除
口蹄疫:特措法成立へ 処分費用は国負担…民自公合意
口蹄疫:九州地方知事会が対策の強化・充実を要望

連立合意順守を確認=参院選、国会対策でも協力―国民新・社民(時事通信)
区長の育休を条例化、給与は半額…文京区(読売新聞)
<東京スカイツリー>第1展望台工事本格化 高さ398Mに(毎日新聞)
小4男児、9階から転落=木で一命取り留める―東京(時事通信)
ブラッドサースティー・ブッチャーズ、23年目の最高傑作『NO ALBUM 無題』、その裏側の葛藤とは?
posted by フクズミ カズユキ at 19:40| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。